バスタイムをより快適&安全に!設置必須の「浴室暖房」ナビ

暖房の種類

天井埋め込み式や壁掛け式などの浴室暖房機の種類の違いやカーボンランプとグラファイトの違いなどヒーターについて解説します。

浴室暖房機の種類

浴室暖房機にはいくつかタイプがあります。

大きく分けると天井埋め込み式と壁掛け式の2種類に分類できますが、天井埋め込み式はさらにいくつかのタイプに分けることができます。

天井埋め込み式のタイプ

家によっては、トイレと浴室の換気扇が連動していたり、脱衣所も連動していることがあります。その場合は、連動対応型の浴室暖房機が必要です。

1)1室換気ビルトインタイプ

浴室の換気扇が独立しているタイプ。

2)2室換気ビルトインタイプ

浴室と洗面所など2箇所の換気扇が連動しているタイプ。

3)3室換気ビルトインタイプ

浴室と洗面所、トイレなど3箇所の換気扇が連動しているタイプ。

壁掛けの式のタイプ

壁掛け式は換気扇が壁についている場合に設置できます。壁に通気孔の開口部があることが条件になります。

浴室暖房ヒーターの種類

1) セラミックヒーター

セラミックを発熱させ、風を当てて温風を出します。電気料金がかさむことと部屋全体を暖めるのに不向きであることが欠点です。

2) ハロゲンヒーター

一時ブームになったハロゲン。即暖性はありますが、部屋全体を暖めるには不向きです。

3) カーボンランプヒーター

炭素繊維を発熱体にしています。遠赤外線の放射性能に優れ、しかも省エネです。

4) グラファイトヒーター

カーボンヒーターの中でも黒鉛を発熱体としているもので、立ち上がりが速いのが特徴です。

最強はグラファイトヒーター

即効性があり、部屋全体を暖めるヒーターとしてお勧めは、やはりグラファイトヒーターといえるでしょう。また、性能としてほぼ変わらないのはカーボンランプヒーターです。

グラファイトヒーターを搭載した機種としては、高須産業の機種があります。

他メーカーの浴室暖房は、温風のみで温める機種がほとんどですが、高須産業の機種は、温風にプラスしてグラファイトヒーターのパワーで暖まるので、かなり強力なヒーターといえるでしょう。

とくにヒートショックを予防する意味では、素早く十分に暖まることが大切ですから、お勧めです。